Minute Maid Times

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今月のアストロズ

こんばんは。(こんばんはー)
今月のアストロズは現在12勝14敗。一言で表すと今月は先発投手見殺しの月でした。現在Norris、Lyles、Bedard、Harrell、Keuchelのスターター5人が合わせてERA3.16(MLB5位、AL2位)、FIP3.36、fWAR3.3(共にMLB3位、AL1位!!)と数多のアストロズファンの予想を上回る躍進ぶりを見せてくれました。しかししかし、近年のアストロズにはちゃんとオチがついています。27先発中先発投手についた勝ち負けはわずか9勝(10敗)。原因は打てない(月間打率.213、OPS.623)走れない(BsR-1.1、盗塁成功率69.2%)守れない(UZR-3.8)野手陣! 特に今月.202/.223/.292 という見るに耐えない成績を残したJ.D.マルティネスはそろそろ結果を出さないと近い将来戦力外と見なされることになりそうです(ちなみにクリス・カーターは.250/.362/.538という好成績を納めfWAR+0.4。リリーフではVerasが10試合を投げBS0の7SVと開幕当初ルーノーGMが目論んでいたような成績を挙げました)。

今月ポジティブになれたことはGeorge Springe(現在クラスAAA)がテキサスリーグ(AA)のオールスターゲームで走攻守に大活躍したこととCarlos Correa(A)が.375/.419/.510と桁違いの成長を見せたことでしょう。マイナーリーグの試合の方が観てて楽しいって本当だったんですね。

さて7月なのですがこの月はメジャーで3番目に熱い月と言われています(私が言っているだけです)。敏腕ルーノーGMはチームの柱・Bud Norrisをオリオールズへ売り込むのかジャイアンツへ売り込むのかそれとも他の選択肢なのかを選ぶのか。過去に不良債権・高年俸のベテランを上手く売り捌いたGMが今回どのような動きを見せるのか、注目していきましょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 21:41:04|
  2. Astros
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ここまでを振り返ります | ホーム | 今更ですが2013年のドラフトの感想を:投手編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astros2012.blog.fc2.com/tb.php/10-703a2b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。