Minute Maid Times

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トレードは熱いうちに打て

今季のトレードデッドライン、アストロズは若手投手を獲得した去年とうって変わってJarred Cosart+Enrique Hernandez+Austin Wates⇔Colin Moran+Jake Marisnick+Francis Martes+補完ドラフト権 というトレードを行い2人の若手野手を獲得しました。

C.Moranは2013年全体6位指名の逸材。安打を打つ能力に長けており三塁守備も売り。
3Bにしては長打力が足りない気もしますが、現在チームには長打力はあるがバットに 当 た ら な い 選手が多くスタメンを張っています。ハイアベレージが期待でき三振率の低いMoranのようなタイプがAltuveのようにチームに良い変化をもたらしてくれると信じています。
J.Marisnickは5ツール候補のCF。既にMLBデビューし試合にも出場しています。
打撃は通算で.171/.217/.213 (PA176)と苦戦していますが守備力が素晴らしく多少打てなくてもレギュラーで使う価値はあると思います。

アストロズの放出した選手の話に移ります。
Cosartは今季既に9勝、FA取得が2020年と放出が時期尚早の気がしますがFIPが4点台前半~中盤という投手ということがはっきりしたので、「若い」「球威がある」「お給料がお安い」と他球団の視線が熱いうちにトレードする策をとったのでしょう。
E.Hernandezも同様に「CF, 2B, SSなど重要なポジションを守れる」「そこそこ打てる」「若い」と高評価されているうちにトレードに出してしまおうというフロントの判断でしょう。
これは過去にBrett Myers(2010)の確変を利用できず契約延長してしまったE.Wade前GMを反面教師とした動きであると邪推しています。
しかしHernandez放出は少し勿体ないかなと感じます。センターラインを複数守れますし将来故障がちのC.Correaのバックアップ役を務めて欲しかったのですが… 今オフH.Ramirez獲得フラグでしょうか??

Sippが放出できなかったことは失策でしょう。夏に入って与四球に伴いWHIP. ERAも悪化しており早いうちにRPを要求していたDET辺りとトレードを画策すべきでした。Aikenの件に続く強欲なフロントによる失策と言えます。

しかし今季の動きは去年ほどではないですが良かったのではないかと(70点くらい)。去年に続きドラフト指名権が貰えたこと・今年覚醒したイニングの食える投手D.Keuchelのトレード話を早々に打ち切ったこと・チームのマスコットC.Carterがトレードされなかったことが大きいです。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/03(日) 21:09:31|
  2. Astros
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。