Minute Maid Times

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今月のアストロズ

こんばんは。(こんばんはー)
今月のアストロズは現在12勝14敗。一言で表すと今月は先発投手見殺しの月でした。現在Norris、Lyles、Bedard、Harrell、Keuchelのスターター5人が合わせてERA3.16(MLB5位、AL2位)、FIP3.36、fWAR3.3(共にMLB3位、AL1位!!)と数多のアストロズファンの予想を上回る躍進ぶりを見せてくれました。しかししかし、近年のアストロズにはちゃんとオチがついています。27先発中先発投手についた勝ち負けはわずか9勝(10敗)。原因は打てない(月間打率.213、OPS.623)走れない(BsR-1.1、盗塁成功率69.2%)守れない(UZR-3.8)野手陣! 特に今月.202/.223/.292 という見るに耐えない成績を残したJ.D.マルティネスはそろそろ結果を出さないと近い将来戦力外と見なされることになりそうです(ちなみにクリス・カーターは.250/.362/.538という好成績を納めfWAR+0.4。リリーフではVerasが10試合を投げBS0の7SVと開幕当初ルーノーGMが目論んでいたような成績を挙げました)。

今月ポジティブになれたことはGeorge Springe(現在クラスAAA)がテキサスリーグ(AA)のオールスターゲームで走攻守に大活躍したこととCarlos Correa(A)が.375/.419/.510と桁違いの成長を見せたことでしょう。マイナーリーグの試合の方が観てて楽しいって本当だったんですね。

さて7月なのですがこの月はメジャーで3番目に熱い月と言われています(私が言っているだけです)。敏腕ルーノーGMはチームの柱・Bud Norrisをオリオールズへ売り込むのかジャイアンツへ売り込むのかそれとも他の選択肢なのかを選ぶのか。過去に不良債権・高年俸のベテランを上手く売り捌いたGMが今回どのような動きを見せるのか、注目していきましょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 21:41:04|
  2. Astros
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今更ですが2013年のドラフトの感想を:投手編

いや~ドラフト中継って何度観ても良いものです。
今季のアストロズ、やはり全米1位指名のMark Appelに尽きます。しかも最凶の保護者ボラスを相手に6.35M$で契約を纏めた敏腕ルーノーGM。Appelのアストロズ愛がお金に優ったのでしょう(最近のボラスがやや弱気?)。速球、制球、変化球共に上質で将来のエースは間違いなしと言われているのでアストロズだと余裕で昇格即エースですね(笑)。彼は今季Aで一年間投げるらしいですがAAに昇格させるという案も一部であるそうです。AAだとネット観戦できますから是非実現してほしいですが、ルーキーなのでそこまで望むのは贅沢でしょう(しかしJonathan Grayに禁止薬物反応が出ていなかったらGrayを指名してたんでしょうね…AppelはGrayに何か手土産を渡した方が・・?)

2巡目以降の指名もなかなか興味深いものがありました。
アストロズが2巡目に指名したのは最速96マイルのパワーピッチャー・右投手のAndrew Thurman。
しかし現在のチーム内プロスペクトはJ.Cosart、L.McCullers、M.Fortynewicz、N.Tropeano、V.Velasqusz、A.Wojciechowski、K.Comer、J.Musgrove、J.Buchanan、D.Martinez、T.Ballew等々、右投手のオンパレード! ここにAppelも加わるのに2巡目にまた右投手を指名したルーノー(結局今ドラフトでRHPを16人も指名しました)。ここまで右投手の層を厚くするということは近い内にローテの柱(チーム内比)で高給取り(チーム内比)のBud Norris放出が既定路線なのでしょうか(オリオールズが獲得を検討しているような記事も出ていましたね)。一方左投手の有望株は量・質ともに深刻(強いて挙げるならクラスAのBrian Holmes)でここ数年アストロズの試合を観ていると(Wandy Rodriguez以外の)左投手がほとんど仕事をしていないケースが多く目につきますのでそろそろ有望なサウスポーの獲得が待たれます。3巡目に指名した左投手Kent Emanuelとの契約を是非纏めてほしいところですね。

他球団「なんでアストロズって右投手しか出さないの?」
アストロズ「出せる投手がいないんだよ(泣)」

からの卒業を願って今日もパソコンの前に貼りついて応援します。LHP8人も指名したんだから誰か1人くらいは当たるでしょ(適当)
  1. 2013/06/24(月) 00:15:06|
  2. Astros
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アストロズのドラフト事情2013

開催まで一週間を切りました今年のMLBドラフト。昨年、契約金上限額を意識した指名を行ったルーノーGM。今年はどんなドラフトを見せてくれるのでしょうか。

今から10日位前、「アストロズは全米1位指名最有力候補の投手Mark Appel、Jonathan Gray、大学屈指の強打者Kris Bryantよりも超高校級のスラッガーClint Frazierに気をかけている」というニュースが流れていました。今年アストロズが一巡目指名選手に払える契約金の上限は$7,790,400。吸血鬼ボラスがこの金額で満足するとは到底思えません、指名はハイリスクです。また今季のドラフトは「不作」と言われているらしく有力選手の代理人が強気で球団に交渉してくる可能性は高くなりそうで不安。そうなると大卒より高卒の選手を選んだ方が賢明に思えます。Frazierは契約金が限度内に収まりそうな上に将来性も抜群ですから彼の1位指名は面白い。(まだ野手が2、3人足りないと私は感じています。アリーグはDH制ですし)
そういう妄想を膨らませていましたが先日、アストロズのドラフト関係者がGrayとコンタクトを取ったみたいです。アストロズが彼を指名することはほぼ確実でしょう。契約金の話がうまく纏まったのならこれが最善手なのかなと考えを改めました。ヒューストン、高卒選手の育成力はほぼ皆無。 過去10巡目までにアストロズが指名した全高卒選手でbWARを二桁以上記録した選手がわずか6人しかいないという・・・。ですからGrayの指名は「したい」し「せざるを得ない」のかもしれません。

もう1人、ドラフトで注目したい選手はあのクレイグ・ビジオの息子、Cavan Biggio(3B/2B)。バリー・ボンズのようにバットを動かし鋭いライナーを飛ばす高校屈指の好打者。BAのランキングでは37位にランクインしているらしくアストロズが2巡目(40番目)で獲得できる可能性は高くありません。しかし肩・スピード・パワーは突出していないらしいので指名順位が予想より少し下がるかも。そうなったら獲得しても面白いかもしれないですね(育成できるかは別として)。

もし彼が獲れない場合はヴァンダービルト大の変則左腕Kevin Ziomekを指名してほしいですね。2巡目か3巡目はチームに不足している左投手を指名してほしいものです。
個人的にはGrayの他に有力な(大卒の)左投手と外野手を上位で指名してほしいのですがルーノーGMは昨年、6巡目までに4人の高卒選手を指名し、下位で大卒選手を多く指名していました。今年はどうなるかな?(そろそろ意識が飛びそうですのでここまでにしておきます)
  1. 2013/06/03(月) 01:54:11|
  2. Astros
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アストロズの近況について

お久しぶりです。
開幕から2ヶ月経ちましたのでそろそろ更新します。

アストロズの勝敗は17勝37敗。シーズンおよそ52勝110敗ペース! しかしこれでも全米1位指名権が獲れるか分からない状況なのです、恐るべしマーリンズ。

一軍半の戦力と言って差し支えない野手陣、現在のfWARは2.2とMLBワースト4位。貧打が原因のように見えますがそれより深刻なのが走塁・守備陣です。UZRはMLBワースト2位の-15.7。B.Barnesを除く外野手の動きの悪さ、セデーニョの失策マシンっぷりが酷いです(あえてカーターには触れない)。
走塁面も芳しくありません。BsR-6.8はMLB堂々(としてはいけない)ワースト。カーターやカストロみたいなタイプの選手はともかく走塁でアピールする必要のあるParedesのBsRが-1.1なのはいただけない。彼は自分の脚力を過信し暴走するきらいがあるので首脳陣には彼を注視してほしいです。
ちなみにですがこのチーム、盗塁成功率59.6%なんですよね(その上アルトゥーベをはじめ牽制死も多いです)。もう盗塁しないほうがマシなのでは?

投手陣はまさに二軍レベル。fWARはMLBワースト2位の-0.8、ERA、FIPは共にMLB唯一の5点台(それぞれ5.15、5.05)。チームの足を引っ張るリリーフのfWARが-1.5。「終盤2点リードは同点に等しい」と私が言っているのは大袈裟ではないと理解していただきたいところです。
なおVerasのWARが0.2、AmbrizのWARが0.1という信じられない数字でした。

しかししかし、明るい話題も。先週MVPに輝いた捕手のカストロがメジャーレベルの捕手に育ちつつあること(fWARアリーグ2位)、G.SpringerがAAでHRを量産していること、J.Singletonがブランクを感じさせない打撃をみせていること(クラスAで復帰即HR)、AAにいるJ.Buchananの制球力に磨きがかかり5月の自責点がゼロだったこと(WHIP0.69、ERA0.77)。

今後のアストロズですが、AAAで.282/.402/.515(AVG/OBP/SLG)を残しているMarc Krauss(25)をメジャーに昇格させてほしいです。そして全米1位指名権に向けて突き進んで下さい。

おかしいね、4連勝して気分が晴れやかなはずなのにネガティブな内容だね・・・
  1. 2013/06/02(日) 22:49:42|
  2. Astros
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。